健康おおさか21とは

健康おおさか21の概要

健康で生きがいのある人生を送ることは、私たちみんなの願いです。健康を実現するためには、個人の健康観に基づき、府民一人ひとりが主体的に健康づくりに取り組むこと、すなわち「自分の健康は自分でつくること」が重要です。

一方、こうした健康づくりを実現させるためには、 社会全体で個人の健康づくりを支援することも欠かせません。

このため「21世紀の健康づくり運動」として、府民のみなさん自らが、 どのような健康づくりを実践したらよいかを示すとともに、府や市町村、健康づくりの関係機関・団体等が取り組むべき健康づくり施策の方向について具体的な目標を示し、 全ての府民が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会の実現を目指す府民運動が「健康おおさか21」です。

「健康おおさか21推進府民会議」推進宣言

健康は、すべての人に共通する願いです。健康づくりのためには、一人ひとりが、正しい生活習慣を身につけ、日ごろから主体的に取り組むとともに、社会全体で個人の健康づくりを支援する環境づくりを進めることが不可欠です。

今日、我が国は世界一の長寿社会となりました。しかしながら、人口の急速な高齢化が進む中で、がんや心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣が増加し、とりわけ大阪府では、全国に比べてこれらの疾病の死亡率が高く、地域・集団によって健康面でさまざまな格差がみられることも明らかになっています。

こうした中で、認知症や寝たきりにならないで生活できる期間(健康寿命)を伸ばし、生活の質の向上を図るために、生活習慣病の予防を中心として、生涯を通じた健康づくりを推進する「健康おおさか21」を広く府民運動として展開していくことが極めて重要です。

私たちは、健康おおさか21推進府民会議のもと一堂に会し、「健康おおさか21」の重要性を再確認するとともに、これからの21世紀を真に健康で豊かな社会とするため、家庭や地域、職場、学校などでそれぞれが自分のできることを考え、実践し、活動の輪を広め、健康づくりを府民運動として総合的かつ効果的に推進する新たな健康への挑戦に積極的に取り組むことをここに宣言します。

平成14年9月17日 健康おおさか21推進府民会議

関連団体との連携

「健康おおさか21推進府民会議」は健康づくりに関係する各種団体等による「健康おおさか21」推進の場です。

  • 健康おおさか21推進宣言を策定し、広く府民に参加を呼びかける。
  • 各構成団体は、健康おおさか21推進宣言に沿って取り組める健康づくり活動を明らかにするとともに、可能なところから基本方針及び目標達成に向けた行動計画を策定し、計画的な取り組みを行う。
  • 各構成団体の基本方針及び行動計画を公表し、府民の自主的な健康づくり活動を支援するとともに、幅広い府民の参加を呼びかける。
  • 各構成団体や各部会の先駆的な取組み事例について情報交換を行うとともに、連携できるよう団体間の活動のネットワーク化を図る。
  • 共同事業を企画し、実施するとともに協賛事業の拡大を進める。

健康おおさか21推進府民会議

会議の内容

平成27年度
第1回健康おおさか21推進府民会議
第2回健康おおさか21推進府民会議
平成26年度
第1回健康おおさか21推進府民会議
第2回健康おおさか21推進府民会議
平成25年度
第1回健康おおさか21推進府民会議
第2回健康おおさか21推進府民会議
平成24年度以前
平成24年度以前の会議の内容

ページのトップへ