記事一覧

小児虐待予防研修

ファイル 68-1.pdf

小児虐待予防研修(9/5(土)開催)

 昨年は子どもの貧困が虐待の背景要因として重要であることや子どもの発達や教育に直接的な不利益をもたらしていることを学習しました。今回は、乳幼児健診のなかで「子どもを泣かせていると虐待させていると思われるのではと不安になる」「子供をたたき、私は虐待する親ではないか」など必要以上に神経質に育児し、育児が楽しめない親が多くなっていることが大きな問題になっています。
 このような様々な不安に対し、精神的ケアと虐待予防と病院における虐待対応チームの実際について学び、実践活動にいかしていただきたいと考えています。

●日時:平成27年9月5日(土)13:30~16:00
●会場:大阪府看護協会 桃谷センター
    (JR環状線・桃谷駅下車、徒歩2分)
●定員:80名(非会員の方も受講いただけます)
●金額:会員1,540円 非会員2,310円 
●申込締切日:平成27年7月23日(木)必着
●受講決定:平成27年8月6日(木)頃
※応募多数の場合は、先着順とさせていただきます。
 受講決定の方には、後日受講票他必要書類を郵送致します。

【研修テーマ】
講演
■テーマ「育児不安のある母親への精神的ケアと虐待防止」 
講師:大阪府立大学 看護学部 教授 上野 昌江 先生

■テーマ「病院における虐待対応チームの支援」 
     講師:地方独立行政法人大阪府立病院機構
     大阪府立急性期・総合医療センター 
     小児科師長 福井 伊左子 先生

【お問い合わせ先】
公益社団法人 大阪府看護協会 桃谷センター
地域保健福祉事業部  担当:岡本・生田・足立
TEL:06-6777-1775 (月~金 9:00-17:00)